一般歯科

あさひ歯科クリニック式『無痛虫歯治療』

歯科医院で治療をするというとどうしても『痛い』というイメージを持ってしまうものではありませんか?
虫歯治療は痛いから…と歯科医院に行かずにいれば虫歯は進行を続けてしまいます。

虫歯は治療をしなければ絶対に治ることはありません。

虫歯の初期段階で処置を行えば痛みはもちろん治療の回数も少なくて済みますし、なにより自分の歯を失わないようにするための最良且つ唯一の手段でもあります。

当院では、痛みを極限まで減らしなるべく痛みを感じずに治療を受けて頂けるように『無痛虫歯治療』を行っています。

あさひ歯科クリニック式『無痛虫歯治療』の紹介をします。

4つの特長

1.不安を取り除く徹底したカウンセリング

心と体は密接にリンクしているとも言われている事から、治療に対して不安を感じたり緊張をしてしまうと神経が過敏になってしまい、痛みを強く感じたり反応しやすくなってしまいます。あさひ歯科クリニックでは、治療を行う前にしっかりとカウンセリングを行います。
その中で、治療についての細かい説明や、不安な点などをお話して頂くことで、なるべく緊張しない状態で治療に臨んで頂く事ができます。

2.表面麻酔で注射の痛みを軽減する

歯科医院の治療の中でも不安を伴う患者さんも多い麻酔は痛みを無くす為に表面麻酔を行います。
これにより注射針を刺す際の痛みを和らげることが出来ます。

3.電動麻酔の使用

表面麻酔で痛みを和らげると共に、当院では電動麻酔を使用しています。
電動麻酔は手動に比べて麻酔液の注入スピードを一定化させることが出来るので、痛みをより軽減することが出来ます。

4.最も細い33Gの注射針で痛みを抑える

電動麻酔に使用する注射針は、細いほど痛みを抑えられ、感じにくいです。
あさひ歯科クリニックでは、極限まで痛みを軽減させるために使用する針にもこだわっており、市販されている針で最も細い『33G』の針を使用しています。
その上で、痛みをより和らげる為に、麻酔液を温めて注入することによって、麻酔液を注入した際の痛みも軽減する事ができます。

できる限り削らない虫歯治療

虫歯治療は虫歯になってしまっている箇所を削り、そこに被せ物をする治療が一般的ですが、実は虫歯を削る際に、健康な歯まで削ってしまうことがあるのです。

ですが、あさひ歯科クリニックでは、健康な歯をなるべく削らないように拡大鏡を使用し、肉眼の約5倍の大きさで見ながら治療することで健康な歯をできる限り削らないような細かい虫歯治療が可能です。

「唾液検査」で口内環境をチェック

最近話題の「唾液検査」とは?

清潔で美しい歯と口の健康を守る為には、歯科医院での定期的な健診を通じた「プロフェッショナルケア」と、歯科衛生士や歯科医師の指導に基づいた自分自身で行う「セルフケア」の両方を合わせて実践していく「予防歯科」が非常に大切です。

しかしながら、口内環境は個人差もあり、きちんとセルフケアを行っているのにもかかわらず、虫歯や歯周病になってしまうという方もいます。

そこで注目したいのが唾液の存在です。

唾液には口の中の食べ物の消化を助けたり、虫歯になりかかった歯の表面を元に戻したり、最近を洗い流すなどの作用によって虫歯や歯周病を防いでくれますが、健康状態を知る為の優れた情報源ともなります。

そんな唾液が持つ個々の情報を調べることで歯と口の健康維持に活用する為の検査が「唾液検査」です。

唾液に含まれる成分や菌の数を調べることで、歯と歯茎の健康や口内の清潔度を患者さん毎に細かく調べることができます。

歯と口の健康を守る為には、1人1人に合ったオンリーワンのケアが大切です。

唾液検査で口の中の状態を知り、あなただけのセルフケアを実践してみてはいかがでしょうか?

唾液検査には、虫歯の原因となる細菌、むし歯菌や食物由来の酸を中和する機能を持つ唾液の緩衝能、それぞれの大まかな数をその場で測定するものから、1週間程度の時間をかけ、歯周病原因菌の種類や数を詳細に測定するものなど、様々な種類があります。

一般的に唾液検査は主に歯科医院で受けることが出来ますが、簡易的なものであれば一部のドラッグストアやネットで販売されている郵送検査キットを利用することで受けることも可能です。

唾液検査で何がわかるの?

下図は、唾液検査システムの結果シートです。
このシートでは、歯の健康に関する項目、歯茎の健康に関する項目、口腔清潔度に関する項目の結果が図式化され、それぞれの検査結果についての解説と相互具コメント欄に歯科医師からのアドバイスが記載されるので、ご自身の口の中の状態がひと目でわかります。

唾液検査の結果シートでわかること

各検査項目の詳細について具体的に説明します。
健康な口内環境のために知っておきたいポイント

1.歯の健康に関する項目

・むし歯菌

むし歯菌であるミュータンス菌(虫歯のきっかけを作る菌)とラクトバチラス菌(虫歯を進行させる菌)が多いと、歯の表面に歯垢(プラーク)が付着しやすくなり、その結果虫歯が生成され、歯の健康を損なってしまいます。
・酸性度(口腔内のpH)
唾液の酸性度が高い(唾液のpHが低い)と、口腔内の環境は酸性になり、とくにpHが5.5よりも低くなってしまうとエナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。
対してややアルカリ性の唾液は口の中を洗浄、希釈、緩衝する作用があります。
※pHとは、酸・アルカリの度合いを示した数値です。

・緩衝能(かんしょうのう)
唾液にはむし歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、何らかの原因によって緩衝作用がうまく働かずに口腔内が酸性に傾いてしまうと歯が解けて虫歯になりやすくなってしまいます。健康な状態であればphは中性に戻り再石灰化によって部分的に脱灰された歯のエナメル質の内部に再び新しいカルシウム塩の結晶が析出し沈着します。
こうして口腔内の健康状態が維持されているわけです。

2. 歯茎の健康に関する項目

・白血球

歯と歯茎の境目(歯周ポケット)で歯垢(プラーク)が付着したままだと、細菌や異物が増加してしまい、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加してしまいます。

・タンパク質
口腔内の細菌、歯と歯茎の間にある歯垢(プラーク)の影響、またストレスなどにより、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。

3. 口腔清潔度に関する項目

・アンモニア

口腔内が汚れており、歯垢(プラーク)が付着していると細菌数が増えてしまい、唾液中のアンモニアが多くなってしまいます。これは口臭等の原因になるといわれています。

唾液によってわかる様々なこと

唾液検査を行うことで歯と歯茎の健康や口内の清潔度など、口の中の状態を調べられることを紹介しましたが、実は唾液には私たちの口腔だけではなく体の健康に役に立つ情報が含まれています。そのような事例をいくつか紹介します。

・唾液からわかる生活習慣病や「がん」のリスク

唾液を検査することで遺伝子を解析することが出来るようになりました。
人の遺伝子には健康に関与する沢山の情報が含まれており、生活習慣病のリスクを調べることが出来ます。
また、唾液に含まれる複数の成分の濃度を検査機器で測定することでがんに罹患しているリスクの判定も可能です。

・唾液でストレスを数値化する

これまで心的ストレスを調べる際には血液検査が一般的でしたが、採決時にストレスが発生することで正確な値を測定するのは難しいのでは?と言われてきました。
これにより、近年ではストレス測定には唾液を用いた評価に注目が集まっています。

唾液により測定可能な様々な物質(コルチゾール、テストステロン、エヒドロエピアンドロステロン、クロモグラニン、ハイドロキシフェニルグリコール、アミラーゼなど)からストレスを評価しますが、特に唾液中の消化酵素である「アミラーゼ」や糖タンパクの「唾液クロモグラニン(CgA)」は、ストレスがかかることで唾液中の濃度が上昇することが知られており、これらの濃度を測定することでストレスを数値化し、定量的に知ることが出来ると言われています。

・唾液から疲労度合いがわかる

ヘルペスウイルスをご存知でしょうか?

人間のヘルペスウイルスは世界的にも非常にメジャーな感染症で50歳未満では約37億人が口唇ヘルペスの原因となるウイルスに感染していると言われています。
ウイルスを保持していても発症しない方もいるのですが、このウイルスの遺伝子は感染増殖後、唾液腺等に生涯保持され、疲労などにより体の免疫力が低下するとウイルスが活性化する事から、だ液に混ざっているヘルペスウイルスを測定することで、疲労の度合いを測ることが出来るのです。

痛みが無く美しい歯を守り、なるべく削らない無痛虫歯治療は是非当院までお問い合わせ下さい。

このようにあさひ歯科クリニックでは、美しくきれいな天然歯を守る為、最小限の範囲のみを削り、最大限痛みが無いような虫歯治療を心掛けています。

健康な自分の歯を残す為に、虫歯は早期治療をし、唾液検査を通して自分だけのセルフケアを実現することでより健康的な口腔内を維持しましょう。

痛くない虫歯治療を受けたい方は日高市のあさひ歯科クリニックまでお越しください。