インプラント

インプラント治療の現状

昨今ではよくある治療の一つになったインプラントですが、インプラントは危険なんじゃないか?というイメージを持っていたりはしないでしょうか?

以前、一部メディアで、インプラント治療の医療事故が報道されたことでネガティブなイメージが強くなってしまっています。

しかし、メディアが取り上げた医療事故の発生した歯科医院の多くは、治療前に必ず行うべきCT撮影をせず(CT撮影を行わなければ、骨の状態や神経の位置などを正確に把握することはできない)正しい治療計画を立てない、インプラントガイドを使用しないという歯科医院でした。

そのような医院でインプラント施術を行えば、当然神経を傷つけることになりますし、医療事故に繋がってしまいます。

CT撮影を行い、見えない骨の正確な位置と量、骨質などを把握し、安全と判断したうえで施術すれば本来、手術で失敗することはないのです。

あさひ歯科クリニック式インプラント治療『2つの特長』

あさひ歯科クリニック式インプラント治療では、正確で安全にインプラント治療を行うため、下記の2つを必ず行っております。

この2つを行うことで、より精度が高く失敗の無い確実な手術を実現し、歯科医師の感覚に左右される事は一切なく、事前の診査、診断で決めた位置に正しくインプラントを埋入する事ができます。

歯科医療専用CTによる精密な検査

歯科用CTは、従来のレントゲンとは異なり顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握はもちろん、骨の位置、厚み、量、骨密度に及ぶまで立体画像で確認する事が可能です。インプラント治療は、チタン製のインプラント体を骨に埋入し、結合させて人工歯根を作る治療方法です。

その為、インプラント体を埋入させる土台の骨密度が低かったり、骨の量が足りなかったりした場合にはインプラント体が外れてしまったりする可能性があります。

こういったケースにならないように歯科用CTで事前に入念に診断をすることが必要不可欠になるのです。

インプラントガイドで確実な埋入を行う

当院で行うインプラント治療では、CT撮影のデータを基に、インプラント治療が可能かを必ず見定めた上で、インプラント体を埋入する適切な位置を予め決定します。
その位置にインプラントを確実に埋入する為にインプラントガイドを使用します。

インプラントガイドとは、CT撮影のデータと患者さんの口腔内模型を基に設計されたより正確にインプラントを埋入する為に使用するマウスピースのようなものです。

インプラントガイドを使用する事で、従来のフリーハンドと医師の判断に頼ったインプラント手術とは比較にならないほどに、安全性が高まり、より正確で確実なインプラント体埋入が可能です。

インプラント治療の長所と短所

インプラント治療は欠損してしまった歯を補う治療方法の一つです。
欠損した歯を補う治療は他にも義歯、ブリッジなどもありますが、各治療のメリットとデメリットをご紹介します。

■ブリッジ

長所:短期間で治療を終了できます。
短所:健康な周りの歯を削る必要があり、削る歯の神経を抜く事もあるので、歯の寿命が短くなる可能性があります。

■義歯

長所:修理を行い、調整が可能です。
短所:噛む力が弱く(天然歯の約20%程度)義歯がゆるみやすく、また、骨が吸収されやすいです。

■インプラント

長所:噛む力が強く、歯を削る必要がありません。周りの歯へ悪影響を与えにくいです。
短所:保険がきかないので高額な治療費必要です。また、手術も必要となります。

日高市でインプラント治療をお考えの方は
あさひ歯科クリニックまで

日高市のあさひ歯科クリニックでは、インプラント治療に関する質問や相談などを無料で受け付けています。インプラント治療は保険がきかず、費用も高く手術が必要な治療となりますので、しっかりとした歯科医院選びをおススメします。
歯科医専用CT撮影とインプラントガイドサージェリーによる安全なインプラント治療なら、是非当院へご相談下さい。