小児矯正・成人矯正

矯正治療

むし歯を予防するにあたり必要だと判断した場合や歯並びのことで保護者の方からご相談があった場合には歯科矯正をご提案させていただいています。

当院では矯正治療(小児矯正・成人矯正)も行っております。

矯正治療を行うにあたって当院では必ず唾液検査(サリバテスト)を行っていただきます。

矯正装置が入ることによりブラッシングがしづらくなるなど、虫歯のリスクは少なからず高くなってしまいます。

その為、事前に唾液検査を行うことで、虫歯のリスクが高いかどうかを矯正治療を行う前に絶対に知っておく必要があるのです。

「せっかく歯並びが綺麗になったのに矯正装置を外したら虫歯だらけなんて…」とはならないように矯正治療と同時に虫歯の予防にも力を入れております。

小児矯正

子どもの矯正はただ歯を動かすだけではなく、成人とは違い顎が発達していないので、その成長発育を利用して、骨格の状態を改善することができます。

つまり、子どもの矯正(第1期治療)では、成人では出来ない矯正方法とも言える、障害になっている悪い条件を改善することによって、土台となる骨格の成長を正しい方向に軌道修正し、歯が悪い方向に成長するのを未然に防いだり、骨格の問題をより大きくしないように防ぐができるのです。
早期に着手することができれば、矯正の第1期治療だけで終了できる場合もあります。

これが、子どもの矯正の最大のメリットと言えます。

また、歯の生え変わりも同時に管理することができるので、永久歯にすべて生え変わり、顎の成長発育もほぼ終わったころ、必要に応じて仕上げ矯正(第2期治療)を行います。

骨格的な悪い条件がほぼ改善した状態で歯並びの仕上げをすることができるので、抜歯する確率も低く、非常に綺麗な歯並びを実現できます。

床矯正とは

・顎の成長を利用する矯正方法
床矯正とは、一般的に成長過程にある子供の顎の成長を利用して歯並びを整える矯正方法です。
子供の時に床矯正をすることで、顎を正しく健康に強くすることができ、抜歯やブラケット(ワイヤー矯正装置)といった負担も大きく、手間もかかる矯正方法を選ばずに済む可能性を高めることができます。

成人の場合は顎の成長が止まっている為、大きさを変えることはできませんが、子供と同様に歯を動かすこと自体はできますので、治療方針によっては床矯正をすることもあります。

もともと顎が小さい方にや、直接歯をおさえつけるタイプの矯正は避けたいという方にも推奨できる矯正方法です。

他の歯列矯正との比較

施術方法の違い

実は一般的な歯科矯正治療では、歯並びを整えるために何本かの歯を抜くことが前提になってしまいます。

成人であれ、おこさんであれ、抜歯は痛みと恐怖を伴うことも多く、天然歯を抜いてしまうのは患者さんにとっても大きな負担となります。

一方、床矯正は歯に直接処置を行うのではなく、時間をかけて顎を広げていくので負担も小さく、自然と歯の向きや並び方を矯正することができる治療方法なのです。

歯を抜きたくない、できるだけ残したいという場合には床矯正をおすすめ致します。

ただし、前述の通り、床矯正だけでは歯並びを整えることが難しいと判断された場合には、他の治療や矯正方法との組み合わせが必要となります。

矯正期間の違い

一般的な歯科矯正では、矯正を終えるまでに実に2年以上の月日がかかることが多いです。

対して、床矯正は顎を広げる期間が半年から1年程度と短くて済みます。

一般的な矯正器具を装着しての生活は口内に大きな違和感がありますし、見た目の問題、磨き残しが発生しやすいなどの不便も多いため、床矯正であれば、お子さんの負担を大きく減らすことに繋がります。

ただし、床矯正は顎を広げる期間自体は短いのですが、おこさんの歯が生えそろう12歳頃までは経過を見守る必要がありますし、医師の診察によって追加の矯正が必要と判断された場合は、さらに矯正期間がかかる可能性もあります。

また、矯正をする必要な歯が多く、床矯正では間に合わないという場合にはこの限りではありません。

床矯正の4つのメリット

3-1.食事や歯磨きの負担が小さい

床矯正の矯正器具は、歯の表面に完全に固定されたものではないので、歯医者さんを受診せずとも自分で取り外すことが可能ですから、矯正治療中に痛みを感じた場合や大きな違和感を感じた時にも、すぐに取り外すことができるので安心です。
矯正器具を装着したままでは小さなお子さんにとってはせっかくの食事の楽しみを奪うことになりますし、歯磨きが行き届かないというリスクもあります。
実際に矯正治療中に食欲がなくなってしまうというお子さんも一定数いらっしゃるほどなのです。
必要に応じて矯正器具の取り外しができることで、食事や歯磨きをストレスなく行うことができるのは大きなメリットと言えます。
もしお子さんに矯正治療の必要を感じた場合には、早期に当院に相談し、床矯正を選択肢の一つに入れると良いでしょう。

3-2.将来的に他の矯正治療が不要になる

小さいうちに床矯正をしておくことで、成人になってから抜歯を伴う矯正治療を受けるリスクを大きく減らすことができます。
お子さんのことを考えれば矯正治療はその見た目からどうしても他の子供たちから指摘をされる可能性がありますので、中高生などの思春期を迎える前に治療を受けておくことは大切なことです。
歯の角度やばらつきは年を重ねるごとに悪化してしまうこともありますし、そうなれば矯正治療はより大掛かりとなるので、身体的にも精神的にも負担が大きくなってしまいます。
将来的に矯正の必要があると感じた場合には、早い段階から歯科医院に相談をし、床矯正を選択することでおこさんの将来を守り、リスクを回避することに繋がります。

3-3.虫歯になりにくい

通常の歯科矯正で使用する歯に直接装着するタイプの矯正器具は歯磨きがしにくいので、磨き残しが発生しどうしても汚れが溜まりやすいのが難点です。
結果的に矯正治療中に虫歯になってしまうというお子さんもいらっしゃいます。
あまりにも虫歯の進行がひどい場合や磨き残しの改善ができない時などは矯正治療を一旦中止しなければならないこともあるため、通常の矯正器具をつけながらの歯磨きには多くの方が苦心されています。
一方、床矯正に使用する矯正器具は歯磨きの際に自分で取り外すことができるので、磨き残しを抑え、虫歯のリスクを下げることができます。

3-4.食事の楽しみを奪わない

通常の歯列矯正で使用する歯に固定するタイプの矯正器具は、実は矯正器具に負担のかかる固い食べ物や粘性のある食べ物を食べないように制限する必要があり、食べ盛りのお子さんには大きなストレスになってしまいます。

また、それに伴い栄養の偏りが起こってしまう可能性があります。
育ち盛りのお子さんには身体の健康と成長のために様々な栄養素を摂取する必要がありますし、食事メニューを考える親御さんにも大きな負担となります。
一方で床矯正は、食事の際にも矯正器具を取り外しが可能なので、食べるものを制限する必要がまったくありません。
食事をする上で食べ物に気を遣うことなく自由に好きなものを食べることができるので、お子さんにとっても親御さんにとってもストレスを軽減し、無理なく治療を継続することができます。

成人矯正

成人の歯列矯正の目的とは
成人の歯列矯正の大きな目的のひとつとしては、美しさに重きを置きながら歯の機能回復を行う審美的な面での改善があります。
歯列が整っていない出っ歯や、受け口、八重歯などの外見を気にして矯正治療を始める方が多いということですね。
子供の時は、どちらかというと本人の希望よりも親御さんの希望が優先されることが多いので、矯正治療に適した成長期の良い時期に歯列矯正治療を始めたとしても、本人の強い希望というわけではないので治療の進み方が悪い場合があります。
しかし、大人になってからの歯列矯正は自らの意志で行うので、美しくい理想の口元を手に入れたいという希望も強く、歯磨きや装置の手入れなどにも気を配ることができるので、口腔内がより良い状態を保ちつつ、効率的に治療が進むことが多いです。

・審美的な面での改善
大人になってから歯列矯正を考えた多くの方たちは、小さい頃に矯正治療を受けられず、ひどい出っ歯や受け口などの歯並びの悪さにコンプレックスを抱えながら大人になり、今の自分を変えたいという強い気持ちが歯列矯正治療への決断をさせたようです。

歯列矯正治療をすれば口元を気にせずに生活ができますし、それを手に入れる為に自身のお金で治療をするということも、やる気に繋がり、最後までしっかり矯正治療を行えるでしょう。

これまでの自分と決別し、新しい人生をはじめ、前向きな自分を手に入れたいという方には、歯列矯正治療は大変お勧めです。

・噛み合わせの改善
大人の歯列矯正治療というのは、特に外見の変化が大きな目的で利点のように思われますが、それだけではなく噛み合わせの改善に繋がることがもっとも重要です。

良い噛み合わせを「正常咬合 (せいじょうこうごう)」、悪い噛み合わせを「不正咬合 (ふせいこうごう)」と言いますが、不正咬合は矯正で改善をしないと頭痛や肩こり、腰痛など全身の様々なところに影響を及ぼすと言われているのです。

歯列矯正治療をすることでこれらの改善をはかれますし、歯並びが良くなることで今までうまく磨けなかった箇所もブラッシングが可能となり虫歯や歯周病の予防にも効果が見込めます。

また、食べ物をよく噛んで食べられるようになるので、消化や吸収を助け、内面からも健康になることができます。

目立たない矯正治療

1.マウスピース矯正

矯正治療と言えばイメージに浮かぶ針金のような器具を使ってやる方法とは違い、プラスチック製の透明なマウスピースを定期的に付け替えていくことで、歯を動かし矯正をする方法はあまり目立たずに治療を行うことができます。ただし、難症例では行えなかったり、食事や歯磨き時以外はずっとつけておかなければならないというデメリットもあります。

2.裏側矯正(舌側矯正)

通常の矯正治療は、ワイヤーが外から見える位置に装着するのが一般的ですが、舌側矯正では、歯の裏側にブラケットとワイヤー(矯正器具)をつける為、非常に目立ちにくいので見た目が気になる女性にもお勧めです。

日高市で歯を抜かない矯正歯科なら
あさひ歯科クリニックまでご相談下さい

あさひ歯科クリニックでは、なるべく歯を抜かない矯正治療を心がけています。

一般的な歯科矯正では抜歯は大前提となってしまいます。

難症例の場合にはどうしても抜歯をしなければいけないこともありますが、当院では抜歯をしないで行える治療計画を基本的にたてていきます。

矯正治療は、非常に高額となりますし、治療期間も長いので矯正歯科を検討中の方は、まずは当院で矯正歯科無料相談にお越しください。

しっかりとカウンセリングを経て安心して治療に望んで頂けるように心がけています。