予防歯科

あさひ歯科クリニック式予防歯科のススメ!

今も昔も、虫歯治療は虫歯になった箇所を削る方法以外に治療法がないのが現状です。歯は削ることによって健康な状態よりも抵抗力が落ちてしまいます。
そうならない為にはどうするべきなのか?
それは、予防歯科により、虫歯を未然に防ぐ方法です。
あさひ歯科クリニックでも予防歯科は特に力を入れている治療分野です。

スウェーデンと日本の予防歯科への意識の差

キシリトールでお馴染みのスウェーデンでは、予防歯科の習慣が根強く、歯科医院への定期健診受診率が成人では80%超、子供ではほぼ100%に近い数字です。

アメリカでも70%を超えるなど、世界的には予防歯科は非常に重要視されているのですが、日本の定期健診率はわずか6%ととても低く、その差は明らかです。

8020運動(80歳までに自分の歯を20本残そうという運動)はスウェーデンやアメリカでは2010年に達成しているものの、日本では20年以上かかると見込まれており、先進国の中でもかなりの後れを取っているのが現状です。

平均残存歯数

下記グラフは年齢ごとの平均残存歯数です。

日本は世界トップクラスの長寿国であるのにも関わらず、80歳前後の高齢者の残存歯数を見ると決して高い数値とは言えません。

これは「虫歯になってから歯医者に行っている」か「虫歯にならない為に歯医者に行っている」かの違いであると言われています。

虫歯にならないようにする予防歯科の為に歯医者に行く方は約1~2ヶ月に一度は定期健診の為に歯科医院でメンテナンスを行っています。

欧米では、治療だけではなく予防歯科などのメンテナンスに力を入れた事によって飛躍的に国民の平均残存歯数が向上しました。

定期検診の重要さ


上記画像は、歯科医院で定期的に健診し予防を怠らなかった場合と、予防歯科をせずに虫歯になる度に治療を繰り返していた場合の治療費の差を表しています。

定期健診で予防歯科をしなかった方は、自分の歯を失うだけではなく、非常に高額な治療費を払うことになってしまうのです。

唾液検査で治療後のメンテナンス期間決定する

虫歯になる原因は基本的には誰でも共通していますが、なりやすさには個人差があります。

それを調べる為に唾液検査(サリバテスト)をすることで、虫歯になる要因を特定し、患者さんごとにより効果的な予防方法を知ることができます。

検査結果を基に、科学的に評価・判断を下し、より適切な予防アドバイスを行います。

メンテナンスについて

歯のメンテナンスとは、定期的にプロによるクリーニングや正しいブラッシング指導を歯科医院で受け、予防ケアを行うことを指します。クリーニングでは主にPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)や、スケーリング(歯石をスケーラーという器具で除去)、エアフロ―にて歯をきれいに清掃し、美しい歯を保持します。

エアフローとは?

エアフローとは特殊なパウダー(炭酸水素ナトリウムやグリシン)を混ぜた水と高圧エアーのスプレー洗浄で歯の表面にこびりついた汚れを落とす器具のことを言います。エアフローを使用することによって、従来の器具では完全に落とすことが出来なかった細菌の塊であるバイオフィルムをはじめ、着色やタバコのヤニ、頑固な歯垢を水圧とパウダーで落とすことが可能となり、より美しい歯を手に入れることができます。

お子さまの予防歯科

成人の予防歯科とお子さまの予防歯科では若干意味合いが変わってきます。

というのも、大半のお子さまは歯医者に対して「怖い」というイメージをもっているかと思います。
その為、まずはお子さまに対しての予防歯科は「歯医者は怖いところではない」というイメージを持たせることから始まります。

初めての歯医者で虫歯治療の歯を削るというような痛みを伴う治療を行わなければ、その恐怖心は生まれることもなく、気軽に来院することができます。

その上で、下記の三つの施術を行っていきます。

1.正しいブラッシングを覚える歯磨き指導(TBI)

子供の歯は形が小さく、歯並びも一定ではないことが多いので複雑なことから成人よりも磨きにくい上、お子さまはブラッシングが上手ではないのでどうしても磨き残しが発生してしまいます。
少しでも磨き残しがあるとそこから虫歯が広がっていってしまいます。
そこでTBI(Teeth Blushing Instruction)という歯磨き指導を幼少期に正しく教え、覚えて頂くことによって将来的に虫歯の発生を未然に防げるか否かが大きく変わってきます。

2.シーラントで溝を埋めて磨き残しを軽減する

歯の表面には肉眼ではわからないような細かく複雑な溝があり、この部分に食べ残しが付着することで虫歯になってしまう恐れがあります。そこでこの溝をあらかじめ埋めてしまう治療方法をシーラントと呼びます。

シーラントをすることで歯の表面のでこぼこが少なくなり、食べかすが残りにくくなるのでブラッシングが苦手なお子さまの大切な歯の虫歯予防に繋がります。

3.フッ素塗布で強く健康な歯に

市販の歯磨き粉などにも含まれていますが、フッ素は虫歯の発生を抑制し、歯を強くする働きがあります。
歯科医院では高濃度のフッ素を直接歯に塗ることでその効果を一層高めることができるので、お子さまの歯をより虫歯に強い歯にすることができます。