リラックス診療

歯科心身医学

あさひ歯科クリニックには、日本歯科心身医学会の歯科心身認定医・指導医の取得者がおります。
舌が痛むなど、痛みがあるにも関わらず、どこも悪くないといわれるような場合、心因的な因子がかかわっている場合があります。
また、唾液が多量に出て止まらないや、口の下から金属が出てくるなど、口の中より通常起こりにくいような症状が実際に出る場合があります。
このような場合、私どもにご相談ください。
精神科・心療内科に受診されている方は、担当医からの紹介状があると、治療がスムーズに進みます。なお、当クリニックは、日本歯科医師会分科会に属する、日本歯科心身医学会の研修施設に指定されております。

歯科恐怖症などの患者様へ

当医院では、歯科治療恐怖症の患者様や嘔吐反射の強い方など不安や恐怖を抑えて、可能な限りリラックスした状態で治療をする事が可能です。
方法には笑気ガス鎮静法と静脈内鎮静法および静脈内麻酔がありますが、静脈内鎮静および静脈内麻酔に関してはご希望ですぐ出来るものではありません。歯科麻酔担当医と静脈内鎮静が必要か問診、面談して判断いたします。

鎮静下での治療は、来院初日は行いません。次回以降となります。当日は検査と問診、説明のみとなりますので、まずは安心してご来院ください。
両方とも、保険適用可能(現状)です。

笑気ガス鎮静法

笑気ガス鎮静法は、酸素に笑気ガスを少量混ぜ、鼻から吸うことで、治療に対する不安感や恐怖心を和らげるものです。
全身麻酔ではありませんので、意識はあり、精神的緊張の緩和のみです。
鎮痛効果は不完全のため、痛みを伴う治療には局所麻酔が必要です。
方法は比較的簡単であり、回復も早いのが特徴ですが、不安や恐怖に対する効果は下の方法に比べ小さくなります。
治療後比較的すぐに鎮静効果は減弱するため、車での通院が可能です。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は、向精神薬、鎮痛薬を組み合わせて静脈内投与し、治療に対する不安感や恐怖心を和らげるものです。

全身麻酔ではありませんので、意識はあり、精神的緊張の緩和です。
鎮痛効果は不完全なので痛みを伴う治療には局所麻酔が必要です。

しかし、治療中の不快な経験が残らなくてすむことが多く、術中のことを、全く覚えて無い人もいます。
意識を残した状態なので、患者様は術者の指示に従うことができ、生体の防御反応も保たれているので、安全性が高いものです。

実際、薬を投与すると、1~3分以内で眠くなり、寝たかんじになります。
しかし、こちらが問いかけると反応しますし。
最初は、怖いかもしれませんが、点滴をして寝てしまうので、その後は怖くありません。

一度、鎮静法を受けた方は、次回も希望される方が多いようです。

治療後は拮抗剤の投与で速やかに鎮静効果は減弱していきますが、車での通院、早期帰宅はできません。

詳しくは、御相談下さい。
共に保険適用です。